刺青はレーザーで除去することが可能です|綺麗に消す

元の肌に戻す

刺青

レーザーで消す

刺青はファッション感覚で入れたり、その時の一時的な環境で入れることが多く、年齢を重ねてから後悔する人が多いと言われています。刺青は、肌の表皮ではなく真皮層まで色素を入れるため簡単に除去することは出来ませんが、レーザーを使うことでほとんどわからないぐらいまで除去することが出来ます。刺青には色々と色がありますが、青や黒などの濃い色の場合はレーザーを照射することで徐々に色を薄くすることが出来ます。傷跡を残すことがなく、小さいものや薄いものであれば一度で除去することも出来る手軽さがあります。大きなものや色が濃いものでも数回継続して治療を続けていくことで、徐々に薄くして目立たなくすることが出来るようになります。

皮膚移植も必要

刺青の色が黒や青などの濃い色以外の色の場合は、除去するのにレーザー以外の方法を使うことがあります。皮膚を切除して縫い合わせる方法や、皮膚の表面を剥がすなどの方法の他に、皮膚移植が行われることもあります。大きさや色、刺青を入れている部位によっても治療法は変わります。レーザー以外の治療法であれば、傷跡が残るため出来るだけレーザーでの治療を行うほうが望ましいです。また、場合によってはいくつか治療法を掛け合わせて行うこともあります。刺青の除去は、就職や結婚、出産など人生の転機で選択する人が多いです。どうしても元の肌に戻したい場合は、レーザー以外の治療法であれば傷跡が出来ることを覚悟して治療に臨む必要があります。

目の周りの肌トラブル

目

目の下のたるみは、実年齢より老けて見られてしまう原因となってしまいます。保湿や目の周りの筋肉を鍛えるエクササイズを日常的に行うよう心がけて予防を行う事が、また、どうしても気になる場合は、美容整形によって短時間での解消をはかることもオススメです。

もっと知ろう

加齢だけではない原因

顔に手を当てる女の人

即効性のないたるみの解消法ですが紫外線や睡眠不足に気を付ける、お肌の乾燥対策をしっかりして保湿を重視し表情筋を鍛えるスキンケアを行う。など、生活習慣にも取り入れやすく実行することで必ず変化が見られます。加齢のせいだと決めつけず自分に合う方法を取り入れてお肌のたるみを解消したいですね。

もっと知ろう

改善するために

顔に触れる女性

肌のたるみの原因は加齢や乾燥などが挙げられます。自分はどれに当てはまるのかを調べておきましょう。スキンケアで改善できない場合は美容整形クリニックがおすすめです。施術にも様々な種類があるので様々な点を考慮して選ぶようにしましょう。

もっと知ろう